読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー子育て人s diary

2歳児と新生児を子育て中。一姫二太郎と旦那様の、4人ファミリーで平凡な毎日を過ごしています。そんなアラサーの平凡なる日々を徒然なるままに綴ります。

美容体験情報

  • ホメオバウ~エステティシャン開発基礎化粧品の体験レポ

腹帯

腹帯とは。。
日本の妊婦の伝統行事と言いますか、迷信と言いますか。。

妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする風習があるのですが。
戌の日に安産祈願をして腹帯を巻くという習慣は、日本独自のもので、ルーツは神功皇后なんだとか。
戌の日以降、お腹に腹巻きみたいな腹帯を巻いて生活するって感じです。
そんな古くからの伝統の腹帯。

f:id:hana9640:20150404201442j:plain

実際に医学的な根拠はないと言われてましてね。

腹帯をつけることによって、おなかに赤ちゃんがいることに意識向け、母になる自分や大きくなっていくおなかを愛おしく感じ、テンションを上げていくことができる、などと言われております。

迷信の類いは一切信用しない私。
行事的に安産祈願は行ったけど、その後腹帯はしてなかったら。
最近、歩くだけでもお腹やら腰が痛くて痛くて!
臨月みたいな動きになってます。

そんで、姫様の時にお下がりで貰ったっきりだった腹帯してみたら。

楽ーーーーーーーーーーっ!!!!!!

現代の腹帯、迷信の域を越えました!!
妊婦の腰を守ってくれてまっせーー!
帯っていうより、サポーターに近い感じかな?

古くからの伝統も大切にせねばなりませんなぁ。

広告を非表示にする