読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー子育て人s diary

2歳児と新生児を子育て中。一姫二太郎と旦那様の、4人ファミリーで平凡な毎日を過ごしています。そんなアラサーの平凡なる日々を徒然なるままに綴ります。

美容体験情報

  • ホメオバウ~エステティシャン開発基礎化粧品の体験レポ

太陽光について その1

2013年12月から太陽光発電のパネル載せてます。

長州産業のHITモジュールってやつで、11.52kw、48枚。

f:id:hana9640:20150421143156j:plain

太陽光パネル載せてると、よく質問されるので太陽光Q&Aを公開!

f:id:hana9640:20150421143758j:plain

①いくらかかった?

うちは知り合いのとこにお願いしたので、安くできました。
太陽光パネルが48枚と、パワーコンディショナ2台、表示ユニット1台。
他に工事に必要なケーブル等々で、8,424,980円!!

の、ところを。
f:id:hana9640:20150421143250j:plain

3,750,000円になりました。

定価はあってないようなもんやね。

これに工事の足場代金とかがかかるんだけど。
ウチは家の新築工事と同時にしたので、それは不要でした。
ここから、それぞれの自治体で決められた補助金がでます。
うちは10KW以上だったので、補助金対象外でもらえませんでした。。

あと、電力会社に支払う工事費用。
これは家庭によるらしいのですが、25,827円でした。
100,000円以上かかる家もあるらしい。。

②いくらで売電できる?

契約した時の売電価格が固定期間中ずっと採用されます。
我が家は、全量買取の20年固定です。
で、1kwあたり37円80銭らしい。
電気代は、今のところ買う単価(使用する電気代)よりも売る単価(発電して買い取ってもらう単価)のほうが高いです。
なので、全量買取の方がお得ではあります。
ですが、全量買取が適用なれるのは10kw以上のみです。

③で、元とれるの??

結局ここよね。
これが一番気になるとこですわい。
旦那様の試算では、10年から12年で元がとれる計算らしい。
発電効率は、年々下がるしーーー。
パネル壊れるかもしれんしーー。
この家にずっと住み続けられるかわからんしーー。
小さい金額の買い物ではないので、決断しにくい買い物よね。。

月々の売電金額は、長くなるのでまた明日~。