読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー子育て人s diary

2歳児と新生児を子育て中。一姫二太郎と旦那様の、4人ファミリーで平凡な毎日を過ごしています。そんなアラサーの平凡なる日々を徒然なるままに綴ります。

美容体験情報

  • ホメオバウ~エステティシャン開発基礎化粧品の体験レポ

陣痛~分娩 分娩室で その1

分娩室に移動したら!

すぐにいきんで、すぐに出産で終わりって思ってたけど。
現実は違いました。

そもそも、姫様の時は2900gちょい。
今回は推定3500gオーバー。

サイズが違うっ!!

さらに、先生が来るまではいきみたいのを逃さないといけなくて。

『まだよぉー!まだダメよぉー!!』

と言われてました。

いよいよ先生の到着!
先生、輝いて見えた☆

先生が来て、陣痛が来た!
いよいよ~っ!!

ウリャーーーー!!

っていきんでみたら。

声出さない!
もっと長く!
目つぶらない!
顔に力入れない!
足をもっと蹴って!!

と、ダメ出しされまくり!

私、上手くいきめてないみたいでして。
赤ちゃんがなかなか降りれないみたい。。

人工破水させたら降りてくると思いきや。
逆に上がっちゃったらしく、さらに悲しい状況に。

いきめど、いきめど、出てこない。
陣痛の痛みと焦りと疲れで、私はパニック気味。

陣痛の合間に

『先生、あとどのくらい?
 今どんな状況!?』

って聞いたら

『そんなこと気にしない!
 今は休むことだけ考えて!
 この間に少しでも寝るくらいの気持ちで!』

って言われマシタ。
先生、言いたいことわかるよ。
けど、この状況で寝るのは無理ーーーっ!!
もし寝たとしたら、それは寝たのではなく。
気絶しとんですがなーーーー!

姫様の時。
陣痛間隔が最後は1分とかで。
陣痛の合間に何か考えるとか一切する余裕なくて。
先生の言うように、陣痛の合間はただただ休んでた。
と言うより。
動物が本能のままに出産してる感じだった。

だけど今回。

前回のスピード出産の記憶があって、それが当たり前と思ってしまってた。
→ 思うように出てこないことへの焦り
陣痛の合間が数分あるから、次の陣痛への恐怖でパニック気味。
→ 先生にしつこく今どんな感じと聞く

っていう、よくないスパイラルに陥ってた。

どうやら、上手くいきめてなくて、下がると戻るを繰り返してたみたい。
しかも、今回は切開せずに産む予定にしてたようで。
余計に出にくかったようです。
経産婦だけど。
赤子のサイズが違うから。